アートメイクはセルフケアが大切

アートメイクはリスクが高い施術です。ある意味ダイエットや美肌施術よりも高いかもしれません。お隣韓国から日本にわたってきてまだ歴史も浅いほうですから、発展途上にあるとも言えます。カウンセリングの時にはそうした説明を受けるはずですが、セルフケアも実は重要なのです。特にアイラインのように目の際に色を付けるという事は瞼と共に、眼球へのリスクが高くなる事は容易に想像できます。

きちんと頭に入れておくべき事がいくつかあります。施術直後にまぶたあたりにがさがさと数日間かさぶたができる場合があります。自然と落ちますから心配はいりません。施術部位は数日刺激に大変弱くなっている状態ですからメイクを控える事はもちろん、洗顔の時にも注意深くする事が重要です。色褪せを引きおこす可能性を考えて日焼けはしないように注意してください。

同様にコンタクトレンズの使用も数日は我慢する必要があります。まぶたが晴れ上がり赤みを帯びてくる事がありますが、冷却グッズで冷やすなどすれば、数日で腫れや赤みは引いてきます。もしも数日たっても腫れや赤みが引かない時は、担当医を受診し相談してください。

色素に使っている素材は通常FDA認可薬剤を使っているのですが、それでもアイラインに入れた色素からアレルギー症状や感染症または炎症を発症する危険は0でありません。強い皮膚炎症状が発症する場合はすぐに担当医に相談すれば適切な対処をしてもらえます。

アートメイクは特に注意が必要

アイラインは眉や脣以上に濃く入れるケースが多いですから、失敗した場合簡単には消せません。除去方法としてレーザー照射という方法もありますが、何度も受けると火傷痕になる場合もありますから、消すのではなく薄くするという感覚でとらえるのが正解です。国民生活センターに届いた苦情の多くが右と左とで色が違うというものや、瞼がはれあがって目の前が曇って見えるというものです。

レーザーを受ける事でまつげが無くなってしまう事もあり得ます。レーザーによる除去はアートメイクをした時の倍以上の経費がかかります。こうしたリスクがある事をふまえて必ずクリニックで受ける事を心がけましょう。施術後2~3日はコンタクトができませんし日焼けも禁物です。洗顔も軽くするように注意しなければなりません。

美容皮膚科クリニック

数日まぶたにかさぶたや赤みあるいは腫れが生じる事があります。勤めをしている人は大型連休の頃を見計らって施術を受けるのがオススメです。確実に上手なアイラインのアートメイクを受けたいなら、美容皮膚科クリニックでのアートメイク施術がオススメです。例えば、シロノクリニックのアートメイク施術は徹底した安全管理システムの下に行われており、肌に触れるものは全て使い捨て、徹底した衛生管理と細心の注意が払われています。クリニックなどではこうした安全管理が常識ですが、美容サロンなどではトラブルが多発しているようですのでご注意下さい。

汗をかいても落ちない、上手にアイラインを引けなくて悩んでいる、メイクの時間短縮をしたいという女性に特に人気のアートメイクですが、後悔のない施術を希望するならクリニックがオススメです。

アートメイクでアイライン

アートメイクでおすすめパーツの1つはアイラインです。ここも上手に描くには慎重さと器用さがいりますから苦労している女性は多いはずです。まつげエクステでぱっちり目を演出する方法が一時持てはやされましたが、のり付けする時のリスクが大きく最悪角膜を傷つけてしまいますからオススメはできません。時間が押し迫った朝の時間に、そこまで気を配っていられないという事で適当にすませていた人も多いかも知れませんが、パッと目につきやすい場所でもありますし、目の形で全体の印象も変わってきてしまいますから、なんとかしたいと思っている女性も多いはずです。

アイラインのアートメイクで時間短縮ついでの、ぱっちり目の演出ができたらこれほどうれしい事はないはずです。同時にクリニックだからこそ安全に施術できる点もあります。国民生活センターに届く苦情の中にはアイラインに関するものもあります。目のきわだからこそしっかりとした技術を持った医療関係者でなければ、安心してアートメイクを依頼する事はできません。

アイラインは他の部位以上に濃く着色する人も多く、遠くからでもくっきりめに見える反面、いざ落としたい時に落としにくさを感じる事が多いです。クリニックの多くは、アートメイクと同時にメイクの除去施術を請け負っているところも多いです。カウンセリングでは除去手術をしなくてもいいように、念入りにデザインの相談をして決めていきますし、その時にリスクの説明もされます。